効果的な洗顔石鹸も見つけられます|おすすめサイトが参考になる

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

抗酸化力を活かすために

美容液

安定性を高めたビタミンc

ビタミンcは、酸化を防ぐ作用があることから、酸化によるシミを防ぐ美白ケアに使われています。しかしビタミンcは不安定な物質なので、そのままの状態で肌に与えても、浸透する前に変質することがあります。つまり、抗酸化力を十分に発揮できなくなるということです。そのため美白化粧品には、多くの場合、ビタミンcそのものではなく、ビタミンc誘導体が配合されています。ビタミンc誘導体とは、リン酸と結合させることで安定性を高めたビタミンcです。ビタミンc誘導体は、変質することなく肌に浸透し、その後は肌の内部で酵素分解により、リン酸と離れます。つまり肌に浸透してから、元のビタミンcに戻り、抗酸化力を発揮するようになるわけです。

保湿成分の前に浸透

ビタミンcの抗酸化力が活かされるため、ビタミンc誘導体が配合されている美白化粧品を使用する人は多くいます。しかし、抗酸化力をよりしっかりと活かすためには、使い方に注意する必要があります。具体的には、ビタミンc誘導体が配合された美白化粧品を、保湿化粧品の前に使用するのです。なぜなら保湿化粧品にはヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が配合されていることが多いのですが、これらの分子はビタミンc誘導体よりもはるかに大きいからです。つまり保湿化粧品を先に使用すると、肌の内部に保湿成分が広がることで、ビタミンc誘導体が浸透しにくくなるのです。逆に、先にビタミンc誘導体を浸透させておき、後から保湿化粧品を使用すれば、ビタミンc誘導体が肌から抜け出ていきにくくなります。つまり、より高い美白効果が期待できるようになるということです。